FX取引において重要な指標の一つとなるのが「雇用統計」です。

この中でも特にアメリカの雇用統計が多くの取引に影響します。
特に為替レートと密接な関係があり、複数の経済指標を示す数値となっています。

非農業部門雇用者数変化や失業率などの10項目に別れていますが、
これらの数値の総称となっています。

発表されるのは毎月第一金曜日、
アメリカ現地時間で午前8時半(日本時間で21時半)に結果が発表されます。

FX取引をするときは、アメリカの雇用統計がニュースなどで出てきたときは
よくチェックしておき、先行きを読むための参考にします。

雇用統計はどのように影響するの?

特にアメリカの雇用統計は為替レートや株式相場に大きな影響を及ぼします。
FX会社のスプレッドが拡大したり、サーバーダウンにつながったりします。

場合によっては為替が急落することもあるため、
あらかじめストップ注文をしたりポジションを閉じたりして、大きな損失を防ぐことが大切です。

この様に経済指標、特に米国、欧州の経済指標は為替相場に大きな影響を与えます。 このサイトでは世界の重要な経済指標を紹介したり為替の動き、さらにはチャート分析など、 様々な情報をお伝えしていきます。

最新記事

世界にはたくさんの通貨がありますが、
FX初心者にとって一番扱いやすいのは
米ドルと円であることは確かです。

なんといってもレートの推移情報が、
1日に何回も報じられていて、
上がったり下がった要因がニュースキャスターから
分かりやすく解説されたりしています。

ですからFXやっていく上での情報が
すぐに手に入るのです。

さらに米ドルは、
世界通貨とも言われていて、
外国旅行へいくと多くの国では、
米ドルを持っていれば、買い物ができますよね。

アメリカは世界最大の経済大国ですから、
米ドルの力は大きいので、
円をペアーにしてFXをしていけば、
今後の予測が立てやすいのです。

ですから身近な通貨の米ドルと円は、
FXにはぴったりなのです。