政策金利

日本の政策金利は永らくゼロ金利に近い金融政策が取られています。

最近では米国でもゼロ金利に近い金利になっていますので
金利差を利用してのスワップポイントが少なくなってきています。

政策金利は国の経済状況によって左右されることになりますが、
経済状況が悪くなれば銀行にお金を預けられるよりも
市場にお金が流れた方が流動性が良くなり
経済が活性化すると見られていますので
政策金利は低く設定されることになります。

ただ日本の経済状況はさほど悪くはありませんが
政策金利がゼロに近い理由は米国よりも
政策金利を高くしてしまうと日本円が買われることになってしまい
円高を産んでしまいます。

円高を産んでしまうと日本は輸出企業が多い国ですので
経済状況が悪くなるという構図になっています。

従って最大の貿易相手国である米国よりも
金利を上げられないということになります。

すなわちドル高円安政策を日本政府は取らざるを得ませんので、
円売りでFXを楽しむというのが一番効率的かもしれません。