通貨レートが動く要因

世界にはさまざまな通貨があります。


国単位もあれば、
ユーロのようにヨーロッパ主要5カ国経済圏で
1つの通貨を使っているケースもあるのです。

通貨とはお金の価値を表すもので、
同じマクドナルドのハンバーガーでも
アメリカと日本では価格が違っているのです。

それが通貨価値というものですが、
アメリカと日本の物価水準を表していて、
経済の調子が良くなると物価が変わってきますから、
そんな視点で通貨レートを見ていけば、
FXの売買はどうやっていけば良いのかが見えてくると思いませんか?

ですからFXをやっていく時の通貨ペアーとしは、
アメリカと日本の通貨ペアーとしておいた方が、
一番分かり易いことは言えますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です